伊藤沙莉の声優は上手いの?低い声がかわいいと評判の理由は?【動画】

伊藤沙莉さんは、2020年1月5日からNHK総合で放送されているTVアニメで、声優として活躍されている女優さんです。

伊藤沙莉さんの役名は、本作の主人公である『浅草みどり』で、伊藤沙莉さんは声優という仕事が、なんと初めてなのだそうです。

「私の声には特徴があるから、実際のキャラクターの声にのせて、原作からのファンの方々をがっかりさせたら…」と、始めは不安だったと語る伊藤沙莉さん。

しかし世間では、「伊藤沙莉さん、声優うまい!」「声優としての魅力が抜群!」など、大変高い評価を得ています。

伊藤沙莉さんの声はどんな特徴があるのでしょう?声優として魅力的な部分はどこでしょう?

さっそくリサーチしていきます!

声優がうまい伊藤沙莉さんが出ていたドラマ

伊藤沙莉さんは9歳でドラマデビューした元子役で、『14ヶ月~妻が子供に還っていく』『みんな昔は子供だった』『女王の教室』などの出演されています。

特に『女王の教室』ではいじめっ子の役柄で、「本当にイヤな子に見える」との評価を得たため、その後は何年もいじめっ子の役しかオファーがきませんでした。

そのため何度もオーディションに落ち、伊藤沙莉さんは、女優を続けることを本気で思い悩むほどでした。

声優がうまい伊藤沙莉さんの声の特徴は?

可愛らしい顔立ちの伊藤沙莉さんですが、実は声質がハスキーなんです!

とても魅力的なハスキーボイスですが、ご本人はコンプレックスだと感じていたらしく、FRIDAY DIGITAL(2020年2月16日配信)のインタビューで、このように語っています。

自分の声にあまり自信を持っていないんですよ。

高い声が出ないので、恋愛モノで胸がキュンとするようなセリフがあると、「ああぁ…この声が邪魔だな」って。かわいらしくないというか、自分がイメージする恋する女の子の弾んだ感情が私の声だとつかみにくいんです。無理に高い声を出そうとすると、鼻にかかってぶりっ子っぽくなっちゃうし、声が理由で落ち込むことが多かったんですよ。

そんな悩みを吹き飛ばすかのように、「浅草みどりの声を伊藤沙莉さんにした人すごい!」「伊藤沙莉さん以外考えられない!」と、『映画研には手を出すな!』は、放送のたびに大きな反響を呼んでいます。

低い声がかわいいと評判の伊藤沙莉さんは吹き替え声優の経験があった!

声優として華々しいデビューを飾った伊藤沙莉さんですが、実は2019年7月26日に公開されたCGアニメーション映画の『ペット2』に、吹き替え声優として出演したことがあるんです。

シーズー犬のデイジー役を演じた伊藤沙莉さんは、後に、「たくましくてカッコいい子でした。ギャップ女子の極みです」と笑顔で語っていました。

【映画研には手を出すな!】で大好評の伊藤沙莉さん演じる『浅草みどり』の映像はこちら!

ビビ
なるほど!納得!ですヽ(`▽´)/

世間の評判通り、ハマリ役ですね!

声優がうまい伊藤沙莉さんの世間の反応

ものすごい高評価ですね!

声が特徴的だからと覚えてくださる人も多くて。この声が活かせる作品に出会えたらいいな、という思いもありました。そして何よりも「映像研」というおもしろい作品に関われる嬉しさが大きくて、がんばってみようと思ったんです。(2020年2月16日配信FRIDAY DIGITALより)

「低い声がかわいい!」と絶賛される理由は、声質はもちろんのこと、伊藤沙莉さんの作品への思いがファンに伝わっている点が大きな要素なのでは、と思います。

これからも、声優としての伊藤沙莉さんに期待大ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です