田中雄太郎(信楽太郎)の実在モデルは誰?『さいなら』の歌って?朝ドラ・スカーレット

2020年3月6日に放送されたNHKのあさイチで、新楽太郎が歌う『さいなら』が、「すごい」「泣ける」など、世間では話題になっています。

NHKのあさイチは、朝8:15~9:54までの生放送番組なので、新楽太郎の生歌を楽しんだ方も多いのではないでしょうか。

信楽太郎とは、NHKで放映中の連続テレビ小説【スカーレット】で、お笑い芸人TKOのツッコミ担当・木本武宏さんが演じる田中雄太郎のことで、『さいなら』という曲のヒットで世に出るという役柄です。

連続テレビ小説【スカーレット】で、木本武弘さん演じる田中雄太郎には、モデルがいたのでしょうか?

そして『さいなら』とはどんな曲なのでしょうか?

リサーチしてみました!

【朝ドラ・スカーレット】田中雄太郎(信楽太郎)にはモデルがいたの?

連続テレビ小説【スカーレット】の田中雄太郎(のちの新楽太郎)には、実在モデルについての情報は見つかりませんでした。

木本武弘さんが演じる田中雄太郎は、ヒロイン・喜美子(女優の戸田恵梨香さん)の親戚が営む、大阪市内の下宿『荒木荘』に住んでいる謎の下宿人で、市役所をやめて映画俳優を目指しているという設定です。

2020年3月28日が放映の最終日なので、後半のストーリー次第では特定できるかもしれませんね。

連続テレ小説【スカーレット】は、陶芸家の神山清子さんをモデルにしたオリジナルの脚本なので、木本武弘さん演じる田中雄太郎は、このドラマのオリジナルキャラクターといって良いでしょう。

【朝ドラ・スカーレット】の信楽太郎が歌う『さいなら』とは?

連続テレビ小説【スカーレット】の『さいなら』とはこちらです!

昭和風な味わいがたまりませんね!

♪戻られへんから 笑った顔だけ 忘れんように 記憶のノートに描いとくわ

♪心はまだ 君のカケラばっかりや しゃあないな

♪それでもさいなら

連続テレビ小説【スカーレット】では、田中雄太郎は、当初目指していた映画俳優でななくて、歌手になっていますね。

「不遇の信楽太郎さんがようやく売れてよかった」と、田中雄太郎こと信楽太郎を応援する声がある一方、「一発屋で終わってしまうのか?」など、TKOの木本武弘さん演じる信楽太郎への心配の声(?)も上がっていました。

【朝ドラ・スカーレット】の信楽太郎の『さいなら』への世間の反応

連続テレビ小説【スカーレット】の新楽太郎の『さいなら』への世間の反応も気になるところですね!

声を探してみました!

ビビ
沁みますよね~(´ー`*)

ビビ
不覚、ですか!(^^)!

https://twitter.com/chibikeronyo/status/1235718782561075200?s=20

ビビ
同じく!感動でした!!

ビビ
朝から良い気分になれました!

ビビ
戸田恵梨香さんのリアクションも魅力的でしたね!(^^)!

最後に

連続テレビ小説【スカーレット】で、新楽太郎を演じる木本武弘さんは、NHKからの『さいなら』についての取材にこう答えています。

台本より先に曲のデモと歌詞が送られてきたので、てっきり好きな人との別れの曲やと思ってたんですよ。すてきな失恋ソングやなあって。台本読んで『猫の曲かい!』と(笑)。(引用:NHK・スカーレットブログ)

飾らない人柄の、TKOの木本武弘さんが歌ったからこそ、心を打たれたのかな、と思います。

これからも楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です