井上朋也の通算本塁打数は?ドラフトの査定や評価も気になる

埼玉県・花咲徳栄(はなさきとくはる)高校の、井上朋也選手が話題です。

井上朋也選手は、プロ野球界が注目する大型スラッガーだからです。

いよいよ2020年8月10日から、甲子園高校野球交流試合が始まりますね。

そこで本記事では、井上朋也選手の通算本塁打数を調べるとともに、井上朋也選手へのドラフトの注目度を解説していきます。

井上朋也の通算本塁打数は?

花咲徳栄高校の井上朋也選手は、2020年8月3日に、記念すべき本塁打数50本を達成しました。

相手は浦和学院の美又王寿(みまたおうじゅ)投手で、このピッチャーもプロ注目が注目してる右腕なんですよ。

試合は8回、2アウトで二塁にランナーを置き、美又王寿投手の142キロのストレートをレフトに叩き込んだ井上朋也選手。

すごい!の一言です。

井上朋也選手は、1年生のころからベンチ入りを果たし、2018年の春の関東大会では、4本のホームランを打ち、10本のヒットを放ち、打率はなんと4割です。

ホントにすごい1年生選手ですよね。

井上朋也選手の、1年生から2年生までのホームラン歴をまとめてみました。

1号 2018年:春県大会3回戦 レフトセンター間2ラン
2号 2018年:春県準決勝 レフト越えソロ弾
3号 2018年:春関東大会1回戦 ライト越え2ラン
4号 2018年:秋県大会2回戦 レフト越え2ラン
5号 2018年:秋県大会2回戦 2打席連続弾
6号 2018年:秋県大会3回戦 レフト越え2ラン
7号 2019年:春県大会1回戦 レフト越え3ラン
8号 2019年:春県大会3回戦 レフト越えソロ弾
9号 2019年:夏県大会5回戦 ライトセンター間2ラン
10号 2019年:秋県大会3回戦 ライト越えソロ弾
11号 2019年:秋県大会準々決 レフトセンター段3ラン

井上朋也選手の甲子園でのホームランも紹介します。

井上朋也選手・甲子園ホームラン

  • 2018年:第100回全国高等学校野球選手権記念大会(夏)→2本
  • 2019年:第101回全国高等学校野球選手権大会(夏)→0本

コロナウイルスの影響で、2020年は春のセンバツも、夏の甲子園も中止になってしまい、とても残念ですが、甲子園高校野球交流試合があります!

井上朋也選手は、いったい何本ホームランを打ってくれるのでしようか?

とても楽しみです。

ちなみに井上朋也選手は、1200グラムの重量バットで振り込みをしているそうですよ。

工事用の赤いコーンが約1キロと言われているので、井上朋也選手はすごい訓練をしているな、と感心しきりです。

このように努力して、さらに成績を伸ばしている井上朋也選手は、ドラフトにどれだけ注目されているのでしょうか?

井上朋也のドラフトの査定や評価も気になる

冒頭に書いたように、大型スラッガーである井上朋也選手は、プロ野球界でも、とても注目を浴びている選手の一人です。

2020年8月現在、井上朋也選手は、オリックス・ロッテ・中日・広島・巨人・ソフトバンクから「インパクトが強い」「自分の形で打っている」などのコメントをもらっています。

そんな井上朋也選手の最大の魅力は、なんといってもやっぱり長打力でしょう。

https://twitter.com/Ronron385/status/1177472192499482624?s=20

https://twitter.com/Ronron385/status/1254618002747609088?s=20

さすが1年生のころからベンチ入りしているだけあって、ここぞという時のメンタルも、かなりのものだと思います。

そして今や99人の部員を抱える花咲徳栄高校野球部のキャプテンですから、さらに意志が強固になったと言えるのではないでしょうか。

さて、井上朋也選手の特徴として、次のような点が挙げられています。

  • しっかり振り切るスイングなので、打球速度が非常に速い。
  • レフト・センター・ライトと広角打法ができている。
  • 崩されながらも変化球を打つことができるので、バットコントロールも素晴らしい。
  • 肘をたたんだバッティングフォームもできるため、内側の球もホームランが可能。

ただ、井上朋也選手の評価として、残念なのが守備力だと言われています。

井上朋也選手は、送球動作にステップ数が多いんだとか。

だから前述したスカウトからのコメントも、打撃にまつわることが多いんでしょうね。

広島の尾形佳紀スカウトのコメントですが、細かいところを見てもらって、初めてプロとして通用するのかな、とも思います。

三塁の守備が見てみたい。内野手としてのスローイングや打球の処理ですね。(引用:日刊ゲンダイ)

ネットでも、守備を心配する意見がチラホラありました。

「花咲徳栄・井上朋也 実戦で飛ばす能力は日ハム野村より上」守備はどうですかね。ちょっと心配。野村もうまいとはいえなかったなあ

3塁に球が行くと、ついあっ!ってなります。ガンバレ井上!

打つのはすごいけど、守りがな、、大分商業だし、だいじょうぶだろか。大きなお世話の埼玉県民

井上朋也選手の好きな球団は、「全球団」とのこと。

そして将来の夢は「野球選手になること」なので、甲子園高校野球交流試合では、ぜひ自身の力を思いきり発揮して、アピールしてもらいたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です