【杉本宏之】生い立ちは?事故や父親とのケンカも調査!

起業家の杉本宏之(すぎもとひろゆき)さんが注目を集めています。

2021年6月23日、杉本宏之さんは、女優・深田恭子さんとの交際を認める発言をしたからです。

深田恭子さんは適応障害と診断され、女優を休業中ですが、「支えていきたい」と発言した杉本宏之さんは、どんな人物なのでしょうか?

本サイトでは、まず株式会社シーラホールディングス会長・杉本宏之さんの生い立ちについて迫っていきます。

さらに杉本宏之さんは、事故のウワサがあるばかりか、実の父親と刃傷沙汰の大喧嘩をしたとの話もあがっているんです。

そちらも併せて調査していきます!

【杉本宏之】生い立ちは?

杉本宏之さんは、1977年6月25日生まれの43歳です。

出身地は神奈川県川崎市ですが、生まれは茨城県守谷市でした。

杉本宏之さんが4歳のころ、杉本宏之さんの父親が不動産業で失敗してしまいます。

それまで父親と母親との3人生活は平穏なものでしたが、この失敗がきっかけで、生活が一転しました。

子供時代の記憶の大半は、6畳一間、風呂なしアパートでの極貧生活だったと杉本宏之さんは語ります。

小学校時代は、給食費の支払いに困るほどだったんだとか。

父親の仕事が依然としてうまく行かず、母親がパートをして生計を立てていたそうです。

その母親は、杉本宏之さんが中学2年生のときに、末期の胃がんと診断されるんですが・・・。

それまで働きづめだった母親は、病名がわかってからわずか2か月後に急逝してしまいます。

杉本宏之さんは当時13歳。

母親を失う辛さや悲しみはどんなものだったのでしょうね・・・。

残された杉本宏之さんと父親は、その後生活保護を受けることになります。

そして奨学金制度を活用し、杉本宏之さんは川崎総合科学高等学校・情報工学科に進学しますが、事故はこの当時だったのでしょうか?

【杉本宏之】事故はホント?

杉本宏之さんが事故に遭ったのは本当で、交通事故です。

でも高校生のころではなく、小学生2年生という元気いっぱいのころのことでした。

遊びたい盛りに交通事故に遭ってしまった杉本宏之さん。

半年ほど入院しますが、極貧生活だったとはいえ、当時は母親が面倒を見てくれたのでしょうね、リハビリにがんばった甲斐もあり、足は動くようになりました。

でも、残念ながら左足の指の神経は戻っておらず、現在も動かない状態です。

そして前述したように、中学生のとき、母親が急逝してしまうという不幸に見舞われるのですが、父親と衝突してしまったのはこのことが原因なのでしょうか?

【杉本宏之】父親とのケンカを調査!

杉本宏之さんが父親とケンカをしたのは、母親が急逝したせいではありません。

高校生になった杉本宏之さんは、アルバイトをするようになったのですが、父親が無心をするようになったからです。

しかもこのころ父親は、自分では働こうとせず、生活保護の金を使い果たしてしまったということなので、杉本宏之さんには精神的ショックがあったのかもしれません。

親子喧嘩は言い争いで終わらず、取っ組み合いになったといいます。

父と取っ組み合いのけんかの末、大惨事になったこともあります。将来が見えない中、互いに極限状態で戦っていたんでしょうね。(引用:日経BizGate)

刃傷沙汰は事実だったようで、父親は包丁を持ち出し、なんと杉本宏之さんは左手から流血するという、まさに『大惨事』を経験してしまうのです。

しかし血だらけのわが子を見て、父親も我に返ったのでしょう、それ以上のことはせず、ただただ震えながら呆然としていたといいます。

「このままではけない」と、この壮絶な親子喧嘩を機に、真剣に将来を見据えるようになった杉本宏之さん。

当時の杉本宏之さんは、ビリから2番目という成績でしたが、高校3年の後半から勉強を開始し、大学に補欠合格を果たします。

けれど大学には進学せず、不動産関係の専門学校へ進み、1年目にして、合格率わずか15パーセントという宅建主任者資格を取得します。

「一刻も早く仕事に就いて稼ぎたかった」と語る杉本宏之さんですが、父親と同じ不動産業界を目指したわけですから、良い意味での親子の因縁を感じずにはいられません。

最後に

杉本宏之さんの生い立ちや事故、父親とのケンカについて調査してきましたが、いかがだったでしょうか。

杉本宏之さんはこの後、1997年に株式会社東光マンションセンターに就職し、およそ100人強営業マンがいる中、入社3年目にトップセールスマンとなります。

年収が千万単位だったこともあり、自身が若かったこともあり、オープンタイプのベンツを購入したり、六本木や銀座で豪遊するなど「自分でも狂っていた」と語る杉本宏之さん。

またリーマンショックの煽りを受け、約400億円の負債を抱えて自己破産した経験もある杉本宏之さんは、人の痛みがわかる人間なのではないでしょうか。

母親の急逝や父親との壮絶な親子喧嘩なども、人間・杉本宏之さんに厚みを持たせているように思います。

杉本宏之さんの、今後の活躍に期待したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です