【コロナ破局】遠距離恋愛だけじゃない?すぐ近くの二人にも影響が?

2020年4月は、『コロナ破局』という言葉が注目を浴びているのを知っていますか?

パンデミックとなったコロナウイルスの影響で、外出自粛がなされ、恋人同士が思うように会えなくなり、お互いを思いやる気持ちが薄れていってしまうようです。

また、いざという時、どんな言葉を相手にかけるのか、どんな行動をするのかによって、コロナ破局は訪れてしまうんです。

コロナウイルスによる外出自粛と緊急事態宣言で、恋人同士がどのような破局を迎えてしまったのか、遠距離恋愛と、すぐ近くにいる二人とで、リサーチしてみました。

コロナ破局:遠距離恋愛の場合

遠距離恋愛でコロナ破局を迎えた人は、やはり多いようです。


◆コロナウイルスの感染者が少ない地方A県に住む彼氏のところへ、コロナウイルスの感染者が多い地域K県に住む彼女が、2か月ぶりに会いに行くことに。

でもある日、『A県に感染者急増!』とのニュースを聞いて、彼女はこう思ってしまったそうです。

「今でさえコロナウイルスの感染者が多いところにいるのに、急増した場所に行くのは怖い」と。

でも、会いたい気持ちはもちろんあり、かといって不安を消せずにいたら、「仕事の調整をして待っているのにどうしたんだ!」と、彼氏から怒りの電話が。

実はこの彼氏、「僕は仕事を休むわけにはいかないから、コロナウイルス感染者が多いところには行けない」と、彼女の住むK県に来ることはなかったそうです。

なので彼女も「自分だって来ようともしてないじゃない!」と言い返し、ケンカになってしまいました。

電話で済む話ではないのに、彼女は怒りに任せて電話を切ってしまい、そのままの状態が数週間続いてしまったそうです。

「電話をかけづらい」「でもこのまま終わりたくない」と、ラインを送ったのですが、既読になるだけで、彼氏からは全く連絡がありません。

意を決して電話をしても、彼氏は出てくれず、音信不通になったまま緊急事態宣言を受けることになってしまったそうです。

今では電話連絡をしていますが、「私だって仕事を休めないのに」「なぜ私だけが出かけるの?」「なぜ会いに来てくれないの?」と不信が募り、彼女は気持ちがすっかり冷めてしまったと言います。

「出てくるのも心配だよな」「行けなくてごめんね」など、相手を思いやる言葉があればと、つい思ってしまいますよね…。

ネットの声を聞いてみましょう。

コロナのせいで遠距離の彼氏といつ会えるのかわからない。 このまま自然消滅しそう…。 コロナ離婚だけじゃなく、コロナ破局もあるよ。(引用:Twitter)

日本人韓国人遠距離カップルの、ビザ停止、コロナ破局が増えそう。(引用:Twitter)

そりゃ行けるに越したことはないけど
まぁ5年目にもなれば適応能力はんぱないけどコロナ破局あるんだろなぁ(引用:Twitter)

コロナ破局ってあるんだ。
でもこういう時遠距離がさらにつらくなる。
こういう時凄く近かったらとか、
隣に居たらとか、、考えても仕方ないけど…
ただ、その人だから好きなわけで乗り切る他ないんですよね(引用:Twitter)

会えなくて寂しくなってたら嫌いな自撮り送ってきてくれたり、何気ない日常の写真送ってきてくれるそんな彼女思いの優しい彼氏だから私達にコロナ破局なんてあり得ないと胸を張って言える目が笑っている(引用:Twitter)

切ない思いがいっぱい…。

最後の方のような遠距離恋愛が、たくさん増えますように…。

関連記事:コロナ破局の原因とカップルで出来ること|オンラインデートの楽しみ方

コロナ破局:すぐ近くにいる二人の場合

すぐ近くにいるのに、コロナ破局をしてしまうカップルもいます。


◆彼氏の誕生日を二人で祝うはずが、緊急事態宣言を受け、デートを取りやめることにした二人。

でも、その夜ライン連絡をしてみると、彼氏はあまり落ち込まず、「ゲームやってるよ!」「映画おもしろかったよ!」と、けっこう楽しく過ごしているような返信が来たそうです。

「私がいないほうが楽しいんだね」「一人でずっと楽しく過ごしてください」と、ついキツ目に返してしまったら、長文のラインで諭されてしまったとか。

でもそのラインも、上から目線のような感じで納得ができず、「もういいよ!」と送ったら、翌日「さよなら」のラインが!

慌てて電話をしても、「一生懸命(長文の)ラインを送ったのに、誠意を踏みにじられた」とラインが返ってきただけで、けっきょく別れてしまったそうです…。

やっぱりこのケースでも、『お互いを思いやる一言』が足りなかったのかな…と悲しくなります。

すぐ近くにいる二人のコロナ破局はどうなのか、ネットで調べてみました。

コロナが流行ってるから、万が一に備えて会わないのは納得したよ。 でも、最近電話もラインも無視するのが多いのは何で? トレンド入るのみると余計に不安になってしまう。(引用:Twitter)

今流行りのコロナ破局しちゃった。(引用:Twitter)

有事の時にこそ、その人の本質が見えるから

・とにかくネガティブ
・生命力に欠ける
・能天気すぎる
・配慮がない

とかが見えると、ここから先一緒に過ごしていくのが難しいなって感じる人も多いと思う(引用:Twitter)

コロナってまじ本来の人の性格みたいなんかよく分かる。明日車でうちまで来るって言ってた彼氏が急に家族が車使うから行けなくなった、そういえば先週のゴルフも実は会社の車で言ってた、だからお前が明日電車でウチまで来てって言い出した(引用:Twitter)

私の事をとても警戒してて会おうとしない。コロナに関しての価値観が違くてコロナ破局とかあるみたいだけど私もそうなりそう(引用:Twitter)

遠距離恋愛でも、すぐ近くにいる二人でも、コロナ破局があり得ることが浮き彫りになっています。

確かに、いざという時に性格が出るというのはあると思いますが、原因はコロナウイルスだけなのかな、とも思ったりします。

近くにいても遠くにいても、お互いを思いやる気持ちと、信頼関係が大切だと痛感します。

いずれにしても…。

コロナウイルスは現在、未知のウイルスですが、治療方法が分かってワクチンが開発されるなど、一日も早いコロナウイルスの根絶を、心から願っています。

2 件のコメント

  • もともと、結婚を前提とした付き合いに発展したときに会うのを月一回にしようと彼女に言われてた直後の非常事態宣言。会わないのはどちらにしろ同じ事だけどLINEも必要な連絡以外はしないとなると全く接点がなくなる。会社で顔は合わせるけど反応も微妙。今ではLINEは完全不通。電話もしてよいものか。『絶対に他に男作らないと約束します。だから信じて下さい。』と言われたから信じて次のデートまで待ってるけどコロナで潰れ未定に。不安やモヤモヤの矛先もなくただイライラする毎日。

    • 読んでて私と似てるので気持ちがわかります
      最近まで結婚する話が出ていましたが緊急事態宣言がでてからあってません
      メールも少なくなりこのまま別れそうです

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です